スポンサーリンク

主人はしっかりしている方なのですが、時々覚え間違いがあるのです。
それがなんか娘と似ていて可愛いなと思ったので紹介したいと思います。

ふくろうのことを・・・

結婚当初から、「ふくろう」のことをずっと「ほくろう」と言い続けていたのです。

何回も違うことを指摘したのですが、なかなか直らず・・・

最近やっと「ふくろう」と言えるようになりました( ´∀` )

おからのことを・・・

夕飯に「おから」を出した時のことです。

子供「パパ、これ何?」

パパ「これはおくらだよ。」

と真剣な顔で主人が答えていました💦
本気の間違いだったようです(^-^;

私は、「これはおからでしょ。」と速攻突っ込みました!!

清々しいを・・・

息子が「清々しい」と書かれた紙を持ってきて、「パパなんて読むの??」と聞いていました。

すると主人は「きよぎよしい」だよ。と答えていました。

それを聞いていた私は「きよぎよしいって何だ?」と思い、息子に「ママにも見せて。」と確認しました。
確認して(主人は迷うことなく、「きよぎよしい」と答えていたので)ビックリしました(;^_^A

私は「すがすがしい」って読むんだよ。と息子と主人に教えてあげました( ´∀` )

仰げば尊しを・・・

娘が家で仰げば尊しを歌っていた時のことです。
主人も一緒に歌い始めて「今こそ 別れめ~♪♪」の部分を「今こそ われめ~♪♪」と歌っていたのです!!
聞き間違えだったのかと思って、もう一回歌ってもらたのですが、やっぱり「今こそ われめ~♪♪」と歌っていました。
「今こそ 別れめ~♪♪」でしょ。と子供達と一緒に教えてあげました( ´∀` )
主人は歌うのが好きで、趣味でバンドを組んでいてボーカルを担当しているのに!!と思いました。
が、大人になって仰げば尊しを歌う機会なんてほとんどないから、問題ないですけどね( *´艸`)

なんかいつもは主人に色々教えてもらうことが多くて、私が教えることなんて滅多にないのです。
なので、主人が間違えると可愛くて仕方ないのです(#^.^#)

親バカならぬ、妻バカですね(*ノωノ)

以上、妻バカ日記でした(●´ω`●)

スポンサーリンク
おすすめの記事